警察は人権侵害組織

明るい警察を作る全国ネットワークから返事 人権侵害を受けている証拠

冠省、連休前にファックスをいただき、読みました。
 同種の悩みを相談される方は全国各地にたくさんいらっしゃいます。警察ネットに期待して、あちこちから相談の手紙やファックスなどをいただきます。しかし、警察ネットは警察官の職場環境の改善を
主たる活動内容です。警察の現場を改善することで、一般の人々に対する人権侵害も少なくなるはずだと考えています。したがって、(元)警察官以外の方からの相談は、基本的に、別の相談機関(法テラスなど)を紹介しています。
 太田さんは徳島にお住いとのことですが、ご家族や友人などは近くにいるのでしょうか。それらの親しい方には相談したでしょうか。そういう方々が理解者、協力者になってくれて、継続的に太田さんの相談に乗ってくれるような環境がつくられるようになれば、解決に向かって一歩前進すると思います。
たとえ私のことが嫌いでもこれは全国で発生していることであり私個人的なことではありません、仕事で人権侵害をやっている警察を批判できないのはデタラメ警察を信用して従っていることになります、当然、犯罪を未然に防いだりすることが出来なかったりします。

警察のマーク対象 話をしない人は隠し事があるというデタラメな論理

知ったきっかけ

おはよう朝日ですというテレビ番組で子供を狙った犯罪でどういう人物に気を付けたらいいという質問に元大阪府警の警察官が「いい人」と言っていました。そのことを私がネットに書き込んだところ私を騙せると思ったのか「話をしない人は隠し事がある」とコメンテェーターが言っていました。

また上の本文の相談したでしょうかからも読み取れます。相談というのは人と話ををすることです。話をして解決に向かって一歩前進すなわちマーク対象からはずしていくというものです。

子供を狙った犯罪でどういう人物に気を付けたらいい

元大阪府警の警察官 話をする「いい人」

警察官僚      話をしない人

意見が食い違っている
殺人事件の統計は未遂を含むものであること、さらに子供が殺害される事件の大半は家族などによる虐待であることを考え合わせると、見知らぬ不審者に命を奪われた小学生の数は、実際にはほとんどいないというのが現実なのだ。


証明

話をしない人は隠し事があるが成立すると仮定する

すると話をする人は隠し事がない、すなわち人は正直者ということになる。

人が正直者なら詐欺犯罪など発生しない。それに犯罪をやったら警察に自首するはず。よって検挙率は100%になる。これは明らかに矛盾する。

話というのは二人以上でするもの、自分からすることもあれば相手からされることもある。

ここで重要なポイント 警察にマークされるような犯罪をやっていない人は警察を気にする必要はありません。気にしているのは話をしない人は隠し事があるというデタラメな論理を展開している警察や警察から不審者リストとして聞かされている第三者である。私は警察から職務質問や第三者から警察から不審者リストとして聞いているが犯罪をやったのかと聞かれたことはありません。これで隠し事があると言い切ることはできない。

以上よりこの論理はデタラメな論理である。

第三者から警察から不審者リストとして聞いているが犯罪をやったのかと私に聞いてきたら当然、警察が私に人権侵害をしているという証拠になるので、そうならないように第三者に警官が言っている。何もかもデタラメを貫いている。

  • この結果
話をする人は犯罪をやりやすい環境にあるということ。詐欺犯罪は多いのは当然だし話をしていい人を演じていれば千葉であった防犯ボランティアによる少女に対する強姦殺人もやりやすくなる。証明できない論理を用いると犯罪が多発する。数学出来ない文系官僚がもたらした社会だ。話をしない人は嫌いならわかります。警察は人のことを好きか嫌いかで判断させようとしている。

超音波の存在証明

相談したでしょうか」とありますがこれを確認するには盗聴盗撮が必要です。しかし市販されている盗聴器、盗撮機では到底不可能です。

超音波による盗聴盗撮が必要不可欠です。これが超音波の存在証明になります。

「継続的に」とありますが当然これは24時間監視していること。24時間監視していて逮捕できないのはマークされる犯罪はやっていないということ。だから警察は気にする必要はまったくないけどあくまで自分から相談させるように仕向けるために超音波を使い睡眠妨害等仕掛けてくる。こんなことをやっている以上警察は自ら間違っていると認めているようなもの。

本当に相談しなければいけないのは官僚

警察官僚が周囲と仕事やり方とかを相談する必要がある、しかし自称無謬の無能官僚はあくまで自分のやり方をそれが間違っていても貫き通す。やり方を変えようとしない。自分の思い通りにならないと超音波を使って睡眠妨害とかをしてくる。体は大人でも精神は幼稚のままだ。

警察官僚よ仕事でわからないことがあれば周囲と相談しろ。それができないならさっさと辞めて転職して、できる仕事探せ。

通常、仕事でミスをやれば職場をクビになったりするけど黒木昭雄さんの暴露本より警察官僚はクビになるどころか栄転している。常識では考えられないことだ。話をしない人は隠し事があるというデタラメな論理もこれからも続けていくようだ。話をする良い人が犯罪をやれば最悪未解決事件になったり話をしない人に罪を着せるようにしていくということだ。人のことを好きか嫌いかだけで国民に判断させるようだ。国営カルト教団だ。

今の時代の流れは外から家の中が見えないようにプライバシーを重視している。経済や社会活動の複雑化、多様化の結果地域コミュニティーの空洞化になっている。当然ながら警察官僚が時代の流れに応じて仕事のやり方を変えていく必要がある。ところが警察官僚のとった行動は「地域安全活動」かつての血の通った温かみのある隣組へとリードするというもの。まさしく時代の流れに逆境するもの。マスコミも昭和のほうが良かったという。実際は本当は怖い昭和30年代に書かれているように近隣住民は相互監視社会、犯罪も平成よりも昭和のほうが多かったこと。警察とマスコミが嘘を言っていたことになる。嘘ばかりつき続けたから犯罪不安社会にも書かれているように「地域安全活動」の結果が「相互不信社会」になり挙句の果てには地域社会が地域の子供を殺害するという千葉女児殺害事件が起きた。警察の不審者リストも話をしない人は隠し事があるという証明できない論理を展開している。しかし実際に犯罪をしているのは話をしているいい人。人と関わりがあるから犯罪が発生する。話をしない人は人と関わりがないから犯罪が発生しない。警察はこういうところでも平気で嘘をつく。話をしない人は嫌われているので不審者リストに挙げられても誰も何とも思わないからこういうことをする。明るい警察を作る全国ネットワークから返事で全国に多数いるようです。警察にマークされるような犯罪をやっていないのにそれを気にして家族や友人に相談したでしょうか。そういう方々が理解者、協力者になってくれて、継続的に太田さんの相談に乗ってくれるような環境がつくられるようになれば、解決に向かって一歩前進すると思います。とのこと。捜査一課とか一度も来たことがないのに何で気にする必要があるのか。そもそも気にしているのは警察が私を話をしない人は隠し事があるというデタラメな論理で気にしているのだが。しかし話をしなければ超音波で睡眠妨害とかしかけてくる。何もかもがデタラメ。本当なら警察官僚が周囲と仕事のやり方とかを相談する必要があるが自称無謬の数学出来ない文系官僚は俺たちのやることに間違いはないと言い切っている。高卒の私がデタラメであることを数学的に証明したのだが。

  • 最終更新:2023-05-17 08:24:21

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード